ギフトのことなら高正におまかせください。

気は心


お中元のマナー

せっかくのお中元が失礼にならないようにするために、お中元のマナーを確認してみましょう。

お中元とは?
「お中元」は先祖の魂を祭るための捧げものが形を変え、今日の風習として残ったもの。現在では、両親・親戚・仲人・上司・友人や特にお世話になった人などに日ごろの感謝の気持ちをこめて送るのが一般的です。

贈る時期
関東では7月上旬~15日、関西では7月下旬~8月15日が一般的です。

のしのルール
水引:紅白蝶結び・のしつき
表書き:「御中元」(贈る相手や時期によって使い分けましょう)

目上の人に贈る場合は「暑中御伺い」や「残暑御伺い」など、“伺い”という言葉を使うのが好ましいとされています。地域によっても多少異なりますが、「中元」(7月初旬~8月15日まで)、「暑中」(立秋まで)、「残暑」(立秋から処暑まで)という言葉も“時期”によって使い分けるのが正当な贈り方です。
 

ギフト選びのポイント
まずは贈る人のことを思い浮かべて何を贈ったら喜ばれるかを考えましょう。相手に喜ばれるものを贈ることが基本です。好み・家族構成・年齢などを十分に考慮して、予算に見合ったものを選びましょう。

毎年人気の贈り物
・・・ビール、コーヒー、そうめん、果物、100%果汁飲料、和菓子、産直の生鮮食品、ハム・ソーセージ、調味料・食用油、洗剤など

贈っていけないものは?
目上の人に履物や筆記用具、時計は贈らないようにしましょう。靴や靴下、スリッパなどの履物類は踏みつけることに通じるため、そして筆記用具や時計は勤勉奨励の意味があるため、目上の人には失礼にあたり、贈り物としてふさわしくない品物とされています。このほか、金券類もお金を贈ることと同様なため避けたほうがいいでしょう。

贈り物の渡し方
本来、先方宅に直接持参するのが正しい渡し方ですが、最近ではデパートやインターネットショッピングからの直接配送が一般的になりました。その場合あいさつ状を添えるか、もしくは商品しか送れない場合は、届くことを見計らって別便で手紙かハガキなどで挨拶状を送るのが礼儀です。身内や友人に贈り届ける場合は電話でも差し支えないでしょう。

先方が喪中の場合は
喪中のときに贈る場合は、のし紙や水引はつけない方がいいでしょう。お中元は特にお祝いではないので、どちらが喪中でも差し支えありませんが、この場合、のしや水引は避け、白無地の短冊に「お中元」と書いて贈ると無難です。四九日前や先方が気落ちしている場合などは贈る時期をずらして「暑中見舞い」や「暑中御伺い」とするとよいでしょう。

今回だけお中元を贈りたい場合
今年だけお世話になった方などへ贈る場合は、のし書きを「御礼」などとして贈るのがよいでしょう。

冠婚葬祭のマナーのページへ