ギフトのことなら高正におまかせください。

気は心


お歳暮のマナー

お歳暮の起源と由来
「お歳暮」という慣習は日本にしかありません。お正月に祖霊(先祖の霊)を迎え御魂祭りの御供え物や贈り物をした日本古来の習わしが、起源とされています。嫁いだり、分家した人がお正月になると本家へ御供え物を持ち寄ったのが始まりです。

かつては、お歳暮に贈る品は年越しに必要な御供え物でしたので、塩鮭、塩ぶり、数の子、するめ、もちなど食料品を送る風習でした。新年の準備を始める12月13日から20日までに贈られたそうです。今ではさまざまな品物が贈られ、日ごろお世話になっている方々への年末のあいさつになり、贈答儀礼に変わりつつあります。

もともと「歳暮」は年の暮れを意味する言葉ですが、こうした年末の贈り物の呼び名として定着していったのです。

贈る時期
季節のあいさつなので、贈るタイミングをはずさないようにしましょう。正式には「事始めの日」というお正月をお祝いする準備を始める12月13日から12月20日までに贈るものでしたが、現在では11月末頃から贈られる方も多いようです。

また、関東では12月初旬から12月31日、関西では12月13日から12月31日までとされていますが、暮れも押しせまった忙しい時期に届いても迷惑なので、20日くらいまでが無難でしょう。お正月用の生鮮食料品を贈る場合は反対に遅めの方が親切でしょう。

※12月26日以降になると「謹賀新年」が「寒中見舞い」になります。同様に「お歳暮」が「御年賀」「寒中御見舞い」となるのが正式マナーです。お正月用品を贈るのでしたら年内ぎりぎりに間に合うように「お歳暮」でも大丈夫です。

贈るタイミングをのがしたら
年内に間に合わなかったら関東地方では1月7日(松の内)までに、関西地方では15日までに表書きを「御年賀」として届くようにとされています。さらに遅れた場合は、松の内がすぎてから立春(2月4日頃)の間まで「寒中お伺い」や「寒中御見舞い」として贈ります。

贈るもの(今年の傾向は?)
食料品や日常品に利用できる実用品が、一般的ですが、人気商品は重なりやすい可能性があるので、相手が選べるカタログギフトなども良いかもしれません。


(参考資料: 有効回答者数 1162名/2009年10月 goo調べ)

「贈りたい品物」と「もらいたい品物」の両方において「好みに合っているもの」「品質の良いもの」「実用性のあるもの」が、圧倒的です。

お歳暮の相場
おつき合いの度合いによって相場も違いますが、両親や上司など目上の方に対しては5,000円程度、友人など気軽な相手に対しては3,000円程度が相場です。

また、贈り手の年齢によっても違い、20代の贈り手はそれよりも低めとなり、最も高めなのが40代。お歳暮のほうがお中元よりも高額になる傾向があります。いずれにしても、お互いに負担にならない程度のものが適切です。

また、お中元を贈った相手にはお歳暮も贈るのが一般的です。お中元、お歳暮のどちらか一方を贈るならお中元より一年の締めくくりの意味でもお歳暮を贈るのがよいでしょう。

贈り物をする機会は、お歳暮に限らず日常よくあることですが、日本人だけが大切にしてきた習慣である「お歳暮」。この1年のお付き合いに感謝の気持ちを込めて贈りたいものですね。

お歳暮のマナー
【のし紙】
必ずのし紙をつけ、水引きは紅白の蝶結びを使います。魚や肉などの生ものには、正式にはのし(のし紙の右上につける飾り)をつけません。

【喪中の場合】
お歳暮はお祝いごとではなく日頃の感謝を伝えるものなので、当方・先方のいずれかが喪中でも差支えはありません。ただし、四十九日が過ぎていない場合には、時期をずらして「寒中御見舞」「寒中御伺い」にしたり、紅白の水引きを控えたりしましょう。

【配送するとき】
本来は持参するものですが、最近ではお店から送ってもらうことが多くなりました。配送する場合、送りっぱなしはマナー違反。親しい間柄なら電話やメールでも構いませんが、品物に挨拶状を同封。または、品物が届く前に挨拶状を郵送しておきましょう。生ものや賞味期限の短いものを送る場合は、不在期間にあたらないか、事前に確認しておきましょう。

【持参するとき】
持参する場合には、訪問前に先方の都合を伺ってから。正式には風呂敷で包んで行きますが、紙袋の場合には必ず袋から出して渡しましょう。

【お歳暮をもらったとき】
お歳暮に対するお返しは不要ですが、きちんとお礼の意を表すのがマナーです。配送されてきた場合には、すぐにお礼状を出すのが基本。親しい間柄なら電話やメールでも構わないでしょう。

冠婚葬祭のマナーのページへ